So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

NASWA Winter SWL Fest 2018 (2)、そしてご挨拶。 [番外編]

(先回からの続き)

QuizPrize.jpg

↑ 初代クイズ王は主催者グループの一人 John Figliozzi さん! おめでとうございます。



さて、フォーラム(講演)も例年通り多彩です。 全部紹介し切れません。


Slide_Iberia.jpg

↑ イベリア半島での放送受信事情 (Tracy Wood さん)



Slide_SDR.jpg

↑ 小型 SDRの講演(Dan Srebnick さん)


Slide_Loop.jpg

↑ Jef Eichner さんのループアンテナの講演は今年は Terminated Loop。 フラッグアンテナと同じ様なもの?抵抗を末端につなぐらしいのですが....。



Slide_TVDX.jpg

↑ HCJB の DX番組 "DX Party Line" の元ホスト Rich McVicar さんによる TV DXing の話。 



Slide_Thomas.jpg

↑ SWLing.com のThomas Witherspoon さんはSDRで受信したファイルのアーカイブサイトの紹介。



この講演の直後にハプニング発生。


館内停電!!!


...Winter Storm による強風が原因と思われますがフィラデルフィア地区が広域停電だそうで、復旧の見込み当分なし。 結局ホテルをチェックアウトするまでずっと停電でした(とほほ)。 ホテルは自家発電を作動させ、SWL Fest の会場は最低限の電源は確保されて講演は続行。しかしブース展示の部屋は真暗になり、昼光を取り入れられるロビー広場に移動となりました。 DoubleTree ホテルは中央が吹き抜けの構造になっているのでこのようなとき助かります。


そのようなわけで以下の講演は会場が暗くスライドのみが見えるだけですが..



Slide_VertualDX.jpgSlide_VertualDX2.jpg

↑ "Vertual DXpedition" とは、いわゆるリモートアクセスできるSDRで世界各地でSWLができる、というお話です。KiwiSDR の紹介とか....。(Bruce Churchill さん)


Slide_K1NSS.jpgSlide K1NSS2.jpg

↑ QSLカードイラストレータ Jeff Murray さん (K1NSS)のカラフルなスライド講演。



Amanda.jpgAmanda2.jpg

↑ 今年のメインゲスト、アーティストの Amanda Dawn Christie さん。 彼女は Radio Canada International のサックビル送信所の閉鎖をテーマにした、2時間のドキュメンタリーフィルム "Spectres of Shortwave" や、サウンドパフォーマンス "Requiem for Radio" を製作。今回どちらもFestにてフル公開されました。 Requiem for Radio は昨年WRMIなど世界各地の複数の送信所から各パートを同時送信するというユニークな試みもされ、上の写真は日本から受信報告をもらいましたと JSWCブースに寄って下さったときのものです。彼女のパソコンにある受信レポートをちらっと覗いたら、あら..「ラジオの声 (radio_no_koe)」の主さんじゃないですか^^。なおこのパフォーマンスについては主さんのサイト(例えばこちら)に詳しい説明がなされています。


ドキュメンタリーフィルムの Spectres of Shortwave は前半は関係者のインタビューが中心ですが、最後の30分は広大な土地に轟音とともに倒されるアンテナ群の映像が解説もなく延々と続くシーン。 会場は静まり返り、すすり泣く声も...。 Radio Japan (NHK World) もずっとサックビル送信所を使って北米向けに送信していたわけだし、このRCI の閉鎖は数々の波紋を呼んだのでしょうね。




Hospitality.jpg

↑ 今年もホスピタリティールームには数々の高性能ラジオが。でも停電により電源が来ていないので開店休業状態。



DX_Poster.jpg

↑ 「DX」で検索したらこんな写真が出てきたと、わざわざ大きくプリントアウトしてJSWCブースに持ってきた人がいた....。



停電にもめげずに展示場所を移動して続行!

Lobby.jpgLobby3.jpg


NewBooth4.jpgNewBooth2.jpg



NewBooth3.jpg

↑ 初代クイズ王のJohnさんと。



Shindig.jpg

↑ 毎回開催される David Gorenさんのホストによる 「Shortwave Shindig」(短波の宴)も今年は非常用電源のもとで。毎度おなじみ Saul Broudy さんによる "Turn Your Radio On" の曲でスタート。



Raffle.jpgRafflePrizes.jpg

↑ ディナーパーティーの後のお楽しみ抽選会! 今年も数々の賞品が。



RaffleRadio.jpg

↑ 参加5回目にしてついに自分にラジオが当たったぞ~!

ETONの手回し発電型非常用携帯ラジオ。照明付きなので停電したホテルの暗い部屋ですぐに役に立ちました。ある意味もっとも欲しかったものかも。



NewBooth6.jpg

↑ いつもどおり、大武理事と二人での参加です。


そして日曜日の早朝、停電もまだ復旧しない中ペンシルベニアを後にするのでした。



ごあいさつ☆☆☆

約5年にわたる米国駐在(これで3回目)でしたが、このたび日本に帰国することになりました。このブログを書いている現在は既に日本におります。 新居は東京都内です。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 

73 de JI1SQI


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

NASWA Winter SWL Fest 2018 (1) [番外編]


brochure.jpg


今年もNorth American Shortwave Association (NASWA: 北米短波連盟)主催の Winter SWL Fest の時期がやってまいりました。 昨年は30周年記念でいつもは2日開催のところを3日間の延長開催。ところがなんと今年も3日間の開催です。先回かなり好評だったようですね。 今回の開催日は2018年3月1日(木)の午後から3月3日(土)夜まででした。




Hotel_Snow.jpg

雪のDoubleTree Hotel。一日目はよかったのですが二日目からは風雪に。文字通り Winter SWL Fest というかWinter Storm SWL Fest ですかね。




Booth2.jpg


もちろん例年通り日本短波クラブ(JSWC)もブース参加。今年はやや地味に。 JSWC会誌、NHK World のパンフレットの他、戸塚DXersサークル(TDXC) のPropagation誌、そして秋葉原BCLクラブのABC 50's 誌を昨年同様展示しました。長谷川さん、関山さん、展示用誌のご提供ありがとうございました。 あとは携帯用に使っている自作のループアンテナ(アンプは影山さんの⊿LOOP7と北神電子さんのBCL-LOOP13)をブースに置きました。


Booth1.jpg






Trivia1.jpg

今年の1日目のメインイベントは SWL Fest 初のTrivia Quiz Centest (クイズ大会)! 二人づつ5問のSWLingに関する問題が出されて多く答えた人が勝ち進みます。


Trivia3.jpg


エントリーした人は20人ぐらい。私も安易にエントリーしてしまいましたが問題が難しくてびっくり。  どちらかというとやはり欧米の局に関する質問にかたよっているようでしたが、自分のときは運よくロシアや大洋州の問題が...


・ロシアが昔よく短波で放送していた局で「灯台」を意味する局名は? 

            ...(これはラッキー) マヤーク!

・ロシアからの電波でコールサインUVB76という局は通称なんと呼んでいるか?

            ....ザ・ ブザー!

・南太平洋からの放送で通称 Radio Happy Islesとよぶ局はどこの国の局?

            ....(あ、これも知ってる) ソロモン!


そのようなわけで1回戦は勝ち進み、2回戦へ。 ところが出された問題が..


**州のAM局のコールサイン W*** は何の略

                        ...(知らんがな)


なんてのばかりで答えられずに敗退。 まだまだ修行が足りませんね(笑)。


もちろんインターバルシグナル(IS)を当てるクイズもたくさん出されました。自分はISだったらかなり強いのだけど残念ながら自分のときはISの問題にあたらず。 これが意外と皆さん答えられなかったですね。アジアの某半島のかの有名な局のISの問題も出ましたが2人とも答えられず、やはりアジアは遠いか。まあ会場の人達は多くの人がわかるのでのでうずうずしていたようですが。



Trivia2.jpg

さて、3人で決勝戦!左は主催者の一人John Figliozzi さん、右は元HCJB DX Party Line ホストの Rich McVicarさん、中央の人はすみません、お名前失念しました。

初代SWLクイズ王の王冠は誰の手に?

(続く)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー