So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Voice of Oromo Liberation / エチオピア向け [特定地域向け]

受信地: スペイン・マドリード  周波数: 13830kHz
受信日: 2009年10月14日    言語:  オロモ語
受信時刻:  受信地の現地時間で19:00 (=UTC 17:00) 
受信機: Microtelecom Perseus    アンテナ: ΔLOOP7(室内)

2月19日付け記事のエチオピア向け Voice of Ethiopean Unityのすぐ上の周波数に同じくエチオピア向けのClandestine 「オロモ解放の声」(Voice of Oromo Liberation)がいるのがわかりました。すぐ隣の周波数で開始時間も同じということは2局で競いあっているのでしょうか。運営はオロモ開放戦線で、調べたらオロモ人はエチオピアで最も多い民族なのだそうですね。でもオロモ語は公用語のアムハラ語とは全く違う言語らしい...。聞いてみると機関銃のようなリズムです。開始時のISから録音してますがノイズの絡みが酷く、1700~1702の間で浮かび上がったところだけ断片的に録音に入れました。WRTH記載の「Kun Sagalee Bilisummaa Oromoo...」というIDが録音開始42秒のところで確認できます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0