So-net無料ブログ作成

Radio Malabo / 赤道ギニア共和国 [アフリカ]

受信地: ニュージャージー州 Teaneck
周波数: 6250 kHz
言語: スペイン語 他?   
受信日: 2017年7月27日
受信時刻: 受信地の時間で 18:51 (2251 UTC)
受信機: Microtelecom Perseus
アンテナ: MFJ-1899T ホイップ


Radio Malabo 復活!のニュースが DXLD で流れ、早速聞いてみましたがこちら東海岸で日没前の時間結構よく聞こえまています。ノイズキャンセラーはあってもさすがに自宅では厳しかったので久しぶりに公園チョイペです。 信号は強いもののアフリカ音楽や洋楽をノンストップでかけていたりしてなかなかクリアーな ID に遭遇できません。 以下の録画の冒頭のジングルは明らかに赤道ギニア国歌なのですが、その後 00'30" にラジオマラボと言っている気がするのですがちょっとはっきりしません。


正直最近はあまり聞く局がなく 11580kHz を自宅で聞き流すことが多かったのですが、久しぶりに SWL らしい SWL をしました。 5995kHz の マリ も変調が向上(送信機を修理した?)されているというニュースも流れてきて確かに音になっているようです。 嬉しいですね。





公園チョイペはこんな感じです。アンテナはシンプルですが同調型ホイップ。


Choipe2.JPGChoipe1.JPG



DX Engineering 社 NCC-2 によるノイズ除去 [番外編]

前々から気になっていたのですが、ついにポチってしまいました。


MFJ-1026よりも性能がよいといううわさです(過去に試したMFJ-1026の記事はこちら)。

値段も結構高いけどなにぶんデカいし重い(4kg近い)! まあ昭和の無線機を長く愛用した私にとっては許容範囲としましょう。


NCC2C.jpg



さて、室内ループ(BCL-LOOP)を二つセットして試運転。


TwinLoop.jpg


結果は...いけるんじゃないでしょうか。


東部時間のお昼前ぐらい:17815kHz (局名未確認)