So-net無料ブログ作成

あづみ野FM -76.1 MHz / ラジオ大好き少女からパーソナリティに [番外編]

 去る4月9日放送のHCJBは「夢を叶えたラジオ少年」としてfmさくだいらの中村哲郎アナウンサーへのインタビュー番組....とても興味深かったです。  実は昨年私がHCJB尾崎先生のスタジオを訪問した時の記事を見つけて声をかけてくださったのが今回紹介する安曇野市のコミュニティ局(こちらも長野県!)「あづみ野FM」のパーソナリティ、山田祐子さん。

 山田さんは「おひさまサークル」という番組の火曜日を担当されています。毎回テーマを決めてリスナーからのメッセージによる楽しいトーク。 地元学校の給食献立の紹介(安曇野では食事の後の挨拶がごちそうさまではなく「いただきました」なんですね!)、地元の気象情報、イベントの紹介はもちろん、 また、かかる音楽が時々懐かしくて涙モノです。 

 同局の山田さんの個人サイトを拝見すると「ラジオ大好き少女が、いつの間にかにかラジオ大好きミセスとして、ついにパーソナリティデビュー!」 とあるではないですか。 お話を伺うと山田さんは中学・高校時代、ICF-5900で海外放送を楽しんでいたそうです。 ちなみにご主人も(偶然)RF-2200をお持ちだとか。 当時はHCJBの他、VOA、ドイチェベレ、ラジオ・オーストラリアを中心にリスニング...そして次々と日本語放送が中止となっていった後は頑張って英語放送を聴いては英文の受信報告書を作成...そのために英文タイプライターまで親御さんにおねだりしたそうです。 当時は今のようにネットも無いのでNSB(現ラジオ日経)のBCLスクランブルやワールドタムタム、そしてTBSのBCLジョッキーが情報源だったとのこと。 中学の放送委員会に入っていた時の先輩がBCLに詳しく、家にダイポールアンテナを立ててもらったりと恵まれていたようですね。

 短波放送愛好が転じてアナウンサーやパーソナリティになった方って多いのかどうかはよくわかりませんが、今回の山田さんのケースってもしかして貴重なのではと思い、紹介させていただきました。 少人数運営のコミュニティ局にはよくあることなのかも知れませんが、アナウンサーとミキサーを一人でこなすことが多いそうでです。 いろいろご苦労もあるかと思いますが、何よりも温かみのあるトーク...そして人と人とのつながりはこうしたコミュニティ局が一番ですね。 それにコミュニティラジオってとても機動的だと思います。 今回の九州の震災でも地元コミュニティ局が活躍していますし、あづみ野FMでも市の熊本地震義援金募集を早速アナウンス! またこれまでのアナログ防災無線に代わり、市からの緊急情報の伝達を担うという重要な役割りもこなします。 皆さん、地元コミュニティ局をぜひ応援しましょう!

  • あづみ野FM 76.1MHz  (サイマル放送でも聴取可)   放送局サイト
  • 所在地: 長野県安曇野市  コールサイン: JOZZ4AQ-FM   フェイスブックサイト
  • キャッチフレーズは周波数の76.1をもじった 「なろう、ひとつに!」 
  • 山田祐子パーソナリティ: 「おひさまサークル」 1:00~2:20 PM 火曜日担当 ブログ 

追記: 2016年10月から番組の時間が 正午 ~ 2:00 PM となりました。

Douzojin.jpg
道祖神キャラクター あづちゃん & みのくん

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

せきやま☆あすか

あづみ野は一度行ったことがあります。風光明媚ないいところですね。近くにわさび農場があってわさびビールが飲めます。味は微妙ですけど。火曜日が休みの日に聞きに行こうかな。
by せきやま☆あすか (2016-04-23 07:22) 

kei@Niigata

せきやまさん、
そうそう、とてものどかでいいところですよね。妻の実家が名古屋なので、ほぼ中間地点として道中よく休憩に立ち寄りました。 聞いたら受信報告書を送っちゃいましょう(笑)。
by kei@Niigata (2016-04-23 08:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0