So-net無料ブログ作成

Euskadi Irratia / スペイン・バスク自治州  [ヨーロッパ]

受信地: ロンドン近郊     周波数: 1476kHz
言語: バスク語   受信日: 2012年2月27日 
録音時刻:  受信地の時間で 02:59~ (UTCと同じ)  
受信機:  Microtelecom Perseus   アンテナ: ΔLOOP10(室内)

 イギリス出張中のこと、中波の1476kHzで強力ですが耳慣れない言語が聞えました。この周波数、WRTHでは "Euskadi Irratia"という局がリストされていて実際アナウンスを聞くとそのような発音が聞き取れます。この局名がどうもピンとこなくて、調べてみたらスペインにあるバスク自治州の放送であることがわかりました。 

バスク自治州という場所がスペインとフランスとの国境付近にあることは聞いていましたが、バスク語って地理的にスペイン語の方言みたいなものと思ってました。でも今回調べたらこれがまったく独立した言語なんですね。スカンジナビアにあるフィンランド語みたいなものでしょうか。 バスク語でバスク自治州のことをEuskadi、そしてIrratiaはRadioのことだそうです。 放送を聞いていてもたしかにスペイン語や他のラテン系の言葉とは全然違う響きだなと思いました。

録音では音楽のあと時報があってこのときのアナウンスは"Goizeko laurak dira."といっているのですが、これは「朝4時です」という意味です。続いてIDは"Euskadi Irratiko informazio..... Albisteak"と聞えますが、Albisteak(アルビステアク)とはニュースのことです。 ウェブサイトを見ても周りの国の言葉とは全く違うことがわかります。動詞が文末に来るみたいでどちらかというと日本語に近いかも..。それにしても偶然ラジオで聞く初めての言語で、ちょっとしたカルチャーショックでした。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0