So-net無料ブログ作成

PAØRDT-Mini-Whipの実験 [番外編]

XYZさんのサイトの技術スレッドでDFSさんが面白そうなアンテナを紹介されてました。PAØRDT-Mini-Whipと言うアンテナで、何でもとても小さいなのに良く聞えるそうな...資料見てみたら回路の部品数も多くはないし、何となくパーツボックスを開けて探してみたら必要な部品はほとんどあるみたい...。 というわけでいつもの衝動製作癖がでてしまい製作時間約1時間で作ってしまいました。

特徴は何とエレメントが基板上の3cm×4.5cmの銅箔であるという点です。どうみてもこんなので聞えるとはちょっと信じられません。 が、しかーし...

屋根裏にあるΔLOOP10をはずしてこの基板アンテナを取り付けて聞いてみると...

え~?? よく聞えるじゃん!!屋根上に固定してあるΔLOOP9と比べても遜色ない感じです。 これはもしや、車載とか出張先のホテルの窓からちょっと出して使えば十分実用になるかも...? ということで急遽車載実験開始となりました。DFSさんは既に車載で試用しており、イグニッションノイズがほとんどないので運転中でも聞けるそうです。ますます期待できそう。

翌日、ホームセンターで塩ビ部品を調達。昔使っていたモービル用のマグネット基台上に組みたてました。できるだけ高く上げるのが望ましいそうですがあまり車に突起物を出したくないので25cmのパイプとすることに。

 Probe1.JPGProbe2.JPG

通常使用している車内設置のΔLOOP7(詳細はこちら)と比較してみましたが、信号強度はΔLOOP7には及ばないものの十分実用になると言っていいと思います。DXはだめかいうとそういうことではなく、ちゃんとブラジルの局とかも聞えました。今までにない強みは、DFSさんもおっしゃってましたが車のエンジンをかけてもノイズが気にならない点です。今まではΔLOOP7での車内DXはエンジンを切って行っており、特に冬は大変でしたが、このアンテナはエンジンかけながらもOK、運転しながら短波が聞ける念願のアンテナとなりました。 

 Probe3.JPG

 車のルーフトップ左にちょこっと出ているのが今回のアンテナです。この程度でガンガン聞えてきます。

Perseusの録音ファイルはまだ準備中なので追ってアップします。 本日はここまで...。

DFSさん、情報ありがとうございました。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

化石

fczで見たときにこんなプローブでDXができるなら誰も苦労しないよ!とてんで相手にもしていませんでした。
HAMの135kHzでUA0が入ったという情報にもコンディションが良かったのだろう程度で気にもしていなかったのですが今回のDFSさんの実験で目から鱗です。
コレで中間アースが有ればもっとS/Nが上がるということですので本当にびっくりです。
参りました。
keiさん日本海側ですのでLWのモニター希望です。
by 化石 (2012-01-08 23:55) 

DFS

こんばんは。早速車載まで実行される素早さに感服しました。
何と言うかこのアンテナ(プローブ)は常識が足元から崩壊したような衝撃を与えてくれますねw
スモールループも従来のローバンドアンテナの常識を覆すようなサイズなのですがそのはるか上を行ってます。
最も手軽に使いこなすにはお気軽モビ&移動と思われます。
keiさんもノイズレスモービル受信を実感されていますが昼間からLWをBGMにしながら運転できるのは痛快ですらありますw

ローカルノイズの飛び込み対策を進めて自宅でも使いこなしたいと試行錯誤をしています。

化石さん、この調子だとシーズン中ならかなりの確率でMedi Un聞こえますよ(モービルで)
by DFS (2012-01-09 00:31) 

kei@Niigata

化石さん、DFSさん、コメントありがとうございます。今朝も車で少し遊んでみました。VOA-Sao TomeやAfrica No.1のような中堅?局には十分に使えますね。帰りはKSDA/Wavescanの辻さんの美声を聞きながら運転してきました。LWもおいおいチェックしてみたいと思います。
by kei@Niigata (2012-01-09 11:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0