So-net無料ブログ作成

Radio Witte Reus ("White Giant") / オランダのパイレート局  [ヨーロッパ]

受信地: ドイツ・フランクフルト     周波数: 6325kHz→6305kHz
言語: ドイツ語、英語   受信日: 2011年10月26日 
録音時刻:  受信地の時間で 21:07~ (1907UTC~)  
受信機:  Microtelecom Perseus   アンテナ: ΔLOOP10(室内)

私はこれまでパイレート局受信の経験が無かったので、今回は本当に初体験でのパイレート受信を楽しみました。(影山さんのBBSで長谷川さんからパイレート局が聞える周波数範囲などを教えていただきました。ありがとうございました。)

平日ということもあり実際確認できたのはこの一局だけでしたが、それもアナウンスがオランダ語(多分)、ドイツ語、英語が入り混じっていて早口でなかなか聞き取れず...。夕方から6325kHzで洋楽をノンストップで流しており、時々「受信報告ありがとう」のメッセージを入れてます。きっとEメールでレポートしてくれた人に対してその場でお礼を言っているのでしょう。そのうち6325kHzは変調のかかったキャリアによる混信(故意?)が激しくなり、それを悟って周波数をすっと6305kHzに動かしてしまいました。パイレートならではのアクションですね。

録音では、「混信のため周波数を6325kHzから6305kHzに動かしました」と言っています。局名はドイツ語でWeisse Rieseと言ったり、英語IDでは「You are listening to "White Giant",Witte Reus......from the Netherlands. 」と言っているのが何とかわかります。

 

音声ファイルを先方に送ったらすぐにE-QSLが届きました(下記)。送信所は北オランダのGroningenの近く。出力はわずか30Wで逆Vアンテナだそうです。局名の「Witte Reus」(英語ではWhite Giant = 白い巨人)は、洗剤のコマーシャルからとっているそうです。(なぜ?)

 WitteReusQSL2.jpg

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

田辺

パイレーツ局を始め、色々と欧州各局の珍しい音を楽しまさせていただきました。LW局はやはり日本に居る私たちとしては、大変魅力的です。どうぞお体に気を付けてお過ごしください。
by 田辺 (2011-11-06 07:30) 

kei@Niigata

田辺さん、メッセージありがとうございます。短波をやめる局ばかりでもはやこれまでかなと思ってましたが、パイレートや長波などはまだまだ自分にとって勉強不足の分野です。もうしばらく自分のペースで楽しんでみたいと思います。
by kei@Niigata (2011-11-06 11:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0