So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

HCJB !! (ドイツ送信) [ヨーロッパ]

 今日4月18日(金)はこちら米国は Good Friday (聖金曜日: イエス・キリストの受難日) で休日。各宗教放送が何かいつもと違う雰囲気だったのはそのせいなのでしょうか。 宗教放送といえば昔からの王道HCJB。 最近は団体名がHCJB Global からReach Beyond に変更されたようです。こちらではヨーロッパ向けの放送が夕方聞こえています。 今回はドイツ語とポルトガル語放送の録音をアップしました。

受信地:   ニュージャージー州 Teaneck   周波数: 9835kHz
言語:     ドイツ語   受信日: 2014年4月13日 
受信時刻:  受信地の時間で 19:00 (2300 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T 

 

受信地:   ニュージャージー州 Fort Lee   周波数: 11920kHz
言語:     ポルトガル語   受信日: 2014年4月19日 
受信時刻:  受信地の時間で 20:00 (0000 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T  

 

どちらの放送も新名称のReach Beyondではなく、HCJB の呼称をまだ使っているようです。

ところで先週(4月12日)のクヌヌラ送信のHCJB日本語放送ですが、JSWC大武理事へのインタビュー。対談の中で昔新潟で行われたBCLの催しの思い出話を尾崎さんがされていました。当時中学生だった私もそこに参加しており、そのことを尾崎さんにメールしたところ、ご丁寧なお返事と共に以下の資料を送って下さいました。

 HCJB1.jpg

HCJB2.jpg

 いやーとても懐かしいですね。37年前ですよ。何と千人以上の参加。殆どが自分と同じ中学生だったと思います。ソニーさんが主催で、山田耕嗣先生と尾崎さんの講演がありました。私は選ばれませんでしたが、抽選で当たった十数人が壇上に上がり、山田先生出題のYES/NOクイズで、最後に残った優勝者はスカイセンサー5900をもらえたと記憶しております。BCLペディションと呼ばれたこの催しは確か全国各地で行われていたような...ブームのピークだったのではないでしょうか。私が短波放送を聴きだしたのは実はブームがきっかけではなかったのですが、外国語が必須な今の仕事に就いてるのはこのホビーがきっかけであることは確かです。

尾崎さん、どうもありがとうございました。


Rádio Bandeirantes / ブラジル [中南米]

受信地:   ニュージャージー州 Teaneck   周波数: 9645AkHz
言語:     ポルトガル語   受信日: 2014年4月13日 
受信時刻:  受信地の時間で 19:02 (2302 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T

こちらニュージャージーも 「やっと」 春らしくなりました。お空の方も春なのかよくわかりませんが、31mBの Rádio Bandeirantes が夕方よく聞こえております。 


Radio ELWA / リベリア [アフリカ]

受信地:   ニュージャージー州 Teaneck   周波数: 4760kHz
言語:     英語   受信日: 2014年3月28日 
受信時刻:  受信地の時間で 19:23 (2323 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T

最近めでたく短波に復活したモンロビアのELWAですが、こちら米国東海岸で日没時に聞こえています。こちらの時間の19:00から番組終了の20:00まで聞いてみましたが、日没の瞬間あたり(19:30ごろ)が一番強くなるような気がします。宗教音楽...といってもかなりいい感じの音楽を流していて、ところどころ男性のトークが入りますが残念ながらモゴモゴで何言っているかわかりません。IDは定時に出るのではなく、音楽を流しているところに時々かぶせて短く出るようです。録音はそのID部分と、番組終了時の国歌演奏部分です。ノイズが多くてすみません。昔雑誌によく載っていた太鼓をたたくイラストのQSLカードが気に入っていて、当時実物のカードを受け取ったときはとてもうれしかったのを覚えています。

IDの部分(ノイジーで聞き取りにくい)

終了時の演奏(リベリア国歌)。UTC24時にs/off


BBN Radio / エチオピア向け (フランス送信) [特定地域向け]

受信地:   ニュージャージー州 Teaneck   周波数: 15165kHz
言語:     アムハラ語   受信日: 2014年3月16日 
受信時刻:  受信地の時間で 15:00 (1900 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T

DXLDから同局の情報を得たので聞いてみたのですが、とても強力な信号でした。同局のウェブサイトによるとBBNとは Berekah Broadcasting Networkの略。 Berekahの意味はわかりませんがサイトを見ると運営はイスラム教徒の団体のようです。番組でもアッサラムアレイコムと挨拶してました。 

録音はオープニングの部分ですが、「ビ~ビ~エヌ」と局名をアレンジしたちょっと独特のSJ、「イェ BBN ナウ」というID、その後女性アナが イェ、エチオピア.....ナウとID的な何かを言っているのですがちょっと聞き取れません。開始後1分ぐらいのところで激しい雑音となりますがジャミングなのか送信トラブルなのかわかりませんでした。3分ぐらいして復活したのですが今度は本当のジャミングが出てきて30分後のs/offまでジャミングにつぶされていました。


NASWA Winter SWL Fest ! [番外編]

 前々から気になっていたNASWA(North American Shortwave Association) 主催のWINTER SWL FEST がペンシルベニア州プリマスミーティングという町のDoubleTreeホテルで開催、今回初めて参加してみました。3月14-15日の二日間だったのですが一日目は残念ながら仕事が休めず二日目のみの参加。参加者は全部で100人ぐらいでしょうか。各種講演と小規模のブース展示、サイレントオークション、抽選会がありました。

 ************************************************************************

・ループアンテナに関する講演 (J. Eichner氏)。パッシブ型ですね。給電部は同軸よりも通常の線(ツイスト線や単線)が実は便利と説明してました。

LoopLec.JPG

 

・北朝鮮の放送事情に関する講演(M. Fahey氏)。会場満席で質問攻め。珍しいビデオに皆興味深々。

NorKor.JPG

 

・Remote Radio について...リモペルやGlobal Tunersのほかにもいろいろあるんですねぇ。

remote.JPG

 

・元VOA記者 D. Robinson氏のディナー講演

VOA2.JPG

 

・この種のイベントではどこもおなじみのお楽しみ抽選会。

Draw.JPG

 

 ・サイレントオークション。

SileAuc.JPG

 

・このほかにも小さなブース展示がありましたが、写真撮り忘れた...orz。 JSWCのブースがありびっくり。大武理事が日本からいらっしゃってました。


WJFK / 米国ワシントンDC ( 国際女性デー ・ ミスインターナショナル吉松さん) [番外編]

受信地:   メリーランド州 Chasepeake Bay   周波数: 1580kHz
言語:     英語   受信日: 2014年3月8日 
受信時刻:  受信地の時間で 11:00 (1600 UTC)  
受信機:    Icom PCR-1000 (Global Tuner thanks to K3RTV) アンテナ: 40m 逆V

私のBLOGは基本的にSWLのホビーサイトなのですが、今回は少し話題を変えます。今日(3月8日)はInternational Women's Day.  この日に受信録音した局はワシントンDCの中波ローカル局ですが、女性の日に向けた番組(ホストはRobin Morganさん)に、2012年に日本人初のミスインターナショナルとなった吉松育美さんがインタビューに出演されてます。

皆さん、吉松さんの事件はご存知でしょうか。2012年にミスインターナショナルのグランプリをめでたく受賞されたのにその後組織ぐるみのストーカー被害にあっています。その話も酷いながら、長年のラジオ愛好家の私にとってさらに酷いと思うのは、日本のマスメディアがこの事件を全く報道しない、といった点です。ネット上では一度記事が載ったがすぐに削除されてしまったようです。一連の話はご本人や週間文春のサイトに詳しく説明されているので割愛しますが、海外の多くのメディアで報道されているのに日本では報道されない、そしてその理由は...と考えるととても恐ろしく感じます。 3-11以降の放射線関連も海外の報道と異なることも多いようだし...これではまるで某社会主義国と同じではないでしょうか。 今回の放送はWomen's Media Center のサイトでアーカイブで聞くことができます。 以下の録音はSWLホビーサイトということでノイズ交じりの受信音としてアップしました。 

 (IDの部分)

 (インタビュー冒頭の部分)

 

YouTubeにある吉松さんの記者会見はこちら(日本のメディアに聞いてもらえないので海外のメディア向け。これってやっぱりおかしいですよね。日本語字幕付のバージョンはなぜか削除されてしまったらしい。) 

吉松さんは特にこの事件以降、ストーカー撲滅や女性の地位向上に向け国際レベルで活動を続けていらっしゃいます。こちらのサイトでストーカー撲滅の嘆願書に署名をお願いします!(期限があと一ヶ月)


Radio Ndeke Luka / 中央アフリカ向け(UAE送信) [特定地域向け]

受信地:   ニュージャージー州 Leonia   周波数: 17500kHz
言語:     サンゴ語   受信日: 2014年2月23日 
受信時刻:  受信地の時間で 12:00 (1700 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T

先週Radio Impala17540kHzのすぐ下17500kHzでこの局を狙ってみたのですがキャリアが弱く音にならず。今週再トライしたら何とか聞こえておりました。こちらのサイトを参考にさせていただきました。同局のサイトもあります。録音はキャリアオンしてSJ、周波数アナウンス、ニュースの開始部分です。信号があまり強くなく局名はちょっと聞き取れません。 


Radio Impala / ルワンダ向け (マダガスカル送信) [特定地域向け]

受信地:   ニュージャージー州 Leonia   周波数: 17540kHz
言語:     ルワンダ語(推定)、英語、フランス語   受信日: 2014年2月17日 
受信時刻:  受信地の時間で 12:04 (1704 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T

12月にレポートしたRadio Maraですが、情報によるとRadio Impalaとして放送されているようなので再度聞いてみました。確かに前回聞いた時と異なるアナウンスです。この種の放送にしては珍しく英語とフランス語のIDが聞けました。英語、フランス語はRadio Impalaとアナウンスされていますが、現地語(おそらくルワンダ語)はRadio Maraと聞えます。先回聞いたときと同じく、音楽を流し続けて合間に同じ内容のIDが流れるパターンでした。 まだ試験放送中なのでしょうか?肝心のトーク番組が聞かれないようです。ウェブサイトによると番組は英国で制作されているとのこと。 なおImpalaとは、東アフリカに生息する動物の名前です。Radio Okapiみたいなものですかね。録音は少し長いですが、3ヶ国語によるIDの部分です。 


Radio Sultanate of Oman (3) / オマーン [アジア]

受信地: ニュージャージー州 Leonia     周波数: 15140kHz
言語: 英語   受信日: 2014年1月19日 
録音時刻:  現地の時間で9:30 (1430UTC)  
受信機:  Microtelecom Perseus   アンテナ: MFJ-1899T

珍しく?英語放送を聴くことができました。1400UTCから1時間の放送らしいですが、1400にキャリアオンしてアナウンスもなくいきなり欧米ポップスを30分にわたり延々と流しつづけています。1430にやっとIDが出てニュース。録音はその部分とアラビアっぽくないStation Jingleです。何だかパイレート局のSJみたいですね。


Radio Warra Wangeelaa / エチオピア・オロミア州向け (Via IRRS) [特定地域向け]

受信地:   ニュージャージー州 Leonia   周波数: 15515kHz
言語:     オロモ語   受信日: 2014年1月18日 
受信時刻:  受信地の時間で 10:00 (1500 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T

先回に続き、またまたオロモ語の放送です。IRRS Shortwaveによる送信ですが送信所はブルガリアかな?..ちょっと不明ですが欧州のどこかでしょう。こちらのウェブサイトに詳しい説明と番組録音のアーカイブがあります。オロモ語はローマ字の綴りが実際の発音を反映しないのか、局名は「レディオ・ウォロンゲラ」と聞えますね。IDは「クン・レディオ・ウォロンゲラティ」と出ています。局名の意味はわかりませんがおそらく福音というような意味でしょう。土曜日のみの放送のようで30分の宗教トーク。キリスト教放送でも音楽は現地の盆踊りっぽい曲がかかってます。運営はUnion of Omoro Evangelical Churches of Europe。 放送は昨年の11月30日から開始だそうで、その日からの毎週の放送録音が同サイトにアーカイブとなっていますが、12月中に同周波数同時間で聞いた時は別の番組(言語不明・ID出たが局名書き取れず)がでていました。おそらくIRRSのミスか手続きが遅れたか? 録音はちょっとノイジーですが開始IDの部分です。


前の10件 | -