So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Radio Spaceshuttle International (パイレート) / 受信レポートを書くのに便利なツール発見 [ヨーロッパ]

受信地:   ニュージャージー州 Teaneck   周波数: 13800kHz
言語:     英語   受信日: 2015年4月5日 
受信時刻:  受信地の時間で 14:44 (1844 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T ホイップ

 この日からこの時間この周波数でレギュラーに放送を始めたようです。こちら米国東海岸ではキャリアは強度的に悪くなかったのですが、音声が雑音に負けていた感じでした。今回録画した Perseus (久しぶりにBobCAT使用) のビデオでは10秒後ぐらいにノイズリダクションのスイッチを入れてます。

ビデオ: youtu.be/69MwJCnLdLg

 翌週末の4月12日も受信を試みたのですが、残念ながら送信はキャンセルとなったようです。また来週に期待。

 ところで、この種の放送に受信レポートを書く場合、聴いた内容の証明用にかかった音楽の曲名をよく書きますが、洋楽に疎い私は頻繁に聞く有名な曲でもそのタイトルがわかりません。信号が弱くてアナウンスも歌詞もよく聞き取れず。そのような状態で、今回 SoundHound というアプリをiPhoneにダウンロード。このアプリはマイクに向かってメロディーを歌うと曲名検索してくれるものです。自分は音痴なので口ずさんでも検索不能。 しかし! パソコン (Perseus) から流れてくる音楽にiPhoneをかざすと...おお、これほどノイズレベルすれすれなのにほぼ百発百中で曲名と歌手名が表示されるではないですか!!  これは驚き。 ドラえもんのポケットから出てくる小道具に匹敵ですよ。 おかげで受信レポートは完璧に書けました(笑)。


Adventist World Radio ルワンダ・キガリ中継 最終日のQSL [アフリカ]

受信地:   ニュージャージー州 Teaneck   周波数: 15275kHz
言語:     ヨルバ語   受信日: 2015年3月28日 
受信時刻:  受信地の時間で 16:30 (2030 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T ホイップ

先日のドイチェベレの記事の時にAWRの音声ファイルも既にアップしていましたが、早くもQSLカードが届いたので改めて記事にします。 上の録音ファイルは番組の最後の方です。何と言っているのでしょうかね。

AWR_Kigali_QSL.JPG

レポート投函してからわずか1週間でQSLカードが届きました。KIGALIの記念スタンプ付き、データ欄にはLAST DAY の記入。

AWR_Kigali_QSL2.JPG

 同封されてきたものの中に昨年のDXコンテストの結果発表というものがありました。コンテストの課題は「これまでに受け取ったQSLカードで最も珍しいものを5つ写真付きで報告し、3つのAWRアジア向け放送の受信報告を書き、自国のアドヴェンティストの写真と3つのラジオカードを同封」というものでした。難しそうですね。ラジオカードって何なんでしょう。入賞者は中国、インド、米国の人、優勝者はスウェーデンの人でした。日本頑張れ!


The Voice of Turkey (3) / トルコ共和国 [アジア]

受信地:   ニュージャージー州 Teaneck   周波数: 9830 kHz
言語:     英語   受信日: 2015年4月3日 
受信時刻:  受信地の時間で 18:00 (2200 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T ホイップ 

ご存知の通り日本語放送がポッドキャストで始まりました。まだ音声ファイルに技術的課題は残るものの、試験放送の時と違って音楽も使えるようになり放送らしくなりましたね。短波による英語放送は日本も良く受信できると思いますが、こちら北米でも直接トルコから出力500kWの電波がガツンと入ってきます。下の録音では、IDに続いて各コーナーのテーマ音楽を並べてみました。

日本語放送でも同じテーマ音楽が使われていており、似たような日本語タイトルがつけられているようです。

Turkey and World Agenda → トルコのニュース・世界のニュース

Ecofriendly Tips → 知らなきゃダメ

Question of the Month → 今月のクイズ  

英語放送のクイズも日本語と同じ内容でした(録音参照)。

日本語放送開始の噂?は遡ること2009年、当時発表されたA09スケジュールの中にJapaneseと記載されてあったことがあり、期待されたものの残念ながらキャンセルになったと記憶しています。当時私は短波放送聴取を再開、ペルセウスでたまたまTRTを聴いて何十年かぶりに受信レポートを書きました。内容はレターボックスコーナーで紹介され、実はその時もホストの人が日本語放送準備中と言っていたのですけどね。クイズは昔から行なわれているようで、その時のレポートと一緒にクイズにも応募したのですが、どうやら当たったみたいで置時計(写真)が送られてきました。QSLカードが届いたときも景品がどっさり。短波放送廃止の局が増える中、SWLファンが喜ぶような短波放送の王道を今でも貫いている数少ない放送局の一つではないでしょうか。短波による送信もコストがかかるでしょうから日本語放送はポッドキャストのみなのでしょうが、年に1回か2回特別に短波放送でも行えばきっと盛り上がるでしょうね。 

VOT_QSL.JPGTRTclock2.jpg

Voice of Turkey の過去記事(1)と(2)はこちらをご覧ください


Radio Roraima / ブラジル [中南米]

受信地:   ニュージャージー州 Alpine   周波数: 4875 kHz
言語:     ポルトガル語   受信日: 2015年4月2日 
受信時刻:  受信地の時間で 21:50 (0150 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T ホイップ 

久しぶりのローバンドのブラジルです。ロライマ州ってブラジル最北の州なのですね。上隣はベネズエラとガイアナ。受信地時間午後10時より前後のIDの部分をつなぎ合わせて録画しました。

ビデオ: http://youtu.be/UrPLvLTmrAU


ドイチェベレ(ルワンダ・キガリ送信) [アフリカ]

受信地:   ニュージャージー州 Teaneck   周波数: 15275kHz
言語:     ハウサ語   受信日: 2015年3月28日 
受信時刻:  受信地の時間で 14:00 (1800 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T ホイップ

DWのキガリ中継所が閉鎖されることになり、本日が最後の送信だそうです。そんなわけであわてて録音。米国東海岸では午後、アフリカとは思えないほどの強力な電波が受信できていましたが、これでまた静かになってしまいますね。

ビデオ (Perseus)  http://youtu.be/FXkiOkYd20o

同中継所を使っていたAWR (Adventist World Radio) の一部の送信も今日で終わりみたいです。下のビデオは同日、2030UTC (こちらの時間では4:30PM)、同じ15275 kHzで受信したAWR-Africa ナイジェリア向けヨルバ語放送。こちらも超強力。ヨルバ語のIDは「Eyi ni A-W-R」と聞こえます。記念スタンプつきのQSLがもらえるそうなので久しぶりにレポート送ってみようかな。

ビデオ (Perseus)  http://youtu.be/MHAKcouiRZI


Radio Riyadh - Quran Program / サウジアラビア [アジア]

受信地:   ニュージャージー州 Teaneck   周波数: 15205kHz
言語:     アラビア語   受信日: 2015年3月22日 
受信時刻:  受信地の時間で 12:04 (1604 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T 

局名はBSKSAとかRadio Riyadhと呼ばれますが、WRTHでは公式局名は Saudi International Radioとなってますね。今回録画したものはコーラン専門放送のようで、とても早口ですが 00:19にWRTHに収載の "Idha-atu'l-Koran al-Kareem min l-mamlakah al-arabiyah t'il-saydiah" というIDが何とか聞き取れるようです。こちら東海岸では昼間のハイバンドでRadio Riyadhが沢山の周波数で強力に聞こえてきており、すぐ隣の15225 kHz の強力な波形もRadio Riyadhの別プログラムです。

ビデオ (Perseus)     http://youtu.be/EALfEXkguBM


いろいろなインターバルシグナルをアレンジしたちょっと不思議な曲 / Shortwave Shindig via WRMI [北米]

受信地:   ペンシルベニア州 Plymouth Meeting   周波数: 7570kHz
言語:     英語   受信日: 2015年2月27日 
受信時刻:  受信地の時間で 23:00 (0400 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: ⊿-Loop X

先日の記事で紹介したライブ番組 Shortwave Shindig (日本語では「短波の宴」とでも訳しましょうか)ですが、番組最後の方でかかった曲がTom Miller氏による「Spectral Wars」という曲。いろいろなインターバルシグナルを使ってアレンジしたもので、不思議かつ新鮮な感じがしました。使われているISは結構ビンテージ物もあり皆様はいくつお分かりでしょうか。曲の最後の方で使われるISは超有名なあの局のものですが、そこまでするかというぐらいアレンジがすごい...。

以下の録音ファイルは9分なので少し長いです。ご了承ください。

 なお、今回のShortwave Shindigの番組は、WRMI 7570kHzで3月8日(日)0300-0400UTCで再放送されます。日本では正午なので受信は無理そうですがリモペルもしくはストリーミングでどうぞ。


Winter SWL Fest 2015! [番外編]

SWL-Fest_Entrance_.jpg 

  昨年初めて参加した NASWA (北米短波協会)主催の Winter SWL Festival ですが、今年もペンシルベニア州プリマスミーティングの DoubleTree ホテルで2月27-28日に開催されました。昨年は仕事の都合で1日のみの参加でしたが、今回は2日間フル参加することができました。今年は131名の参加があったそうで、これは昨年(114人)よりも多く過去5年間で最高だそうです(意外)。 なお昨年のSWL Fest の記事はこちら

講演の数が13あって盛りだくさん!

↓ 国連にお勤めのJanice Laws氏による 「Radio On The Road」。いろいろな国に行って現地で受信したサウンドクリップやエピソードの紹介。

Presen_JanisLaws.jpg

↓ Thomas Witherspoon氏によるSDRについての講演。あとで立ち話ししたらツイッターでフォローしあってたことがわかりました。

Presen_TomMark_.jpg

↓ 昨年、北朝鮮の放送事情について講演したMark Fahey氏による中東・中央アジアの放送聴取事情についての話。今回も会場満席。短波が衰退する理由はサテライトの普及?偏狭地帯行っても、モンゴルのゲルでも、皆サテライトディッシュを上げている。

Presen_MarkFahey3.jpg

↓ 同じFahey氏。手にもっているのは豪州製アクティブループ。氏はオーストラリア在住で、いつもオーストラリアにあがっているリモペルはこの方のものであることがわかりました。お世話になっております。 m(_ _)m

Presen_MarkFehey2.jpg

↓ 参加者最年少(18歳)の Anthony Messina氏による「ティーンエイジャーとラジオ」。若者をいかにしてこの世界に引き入れるかなど、どこも同じ悩みを抱えてますね。短波ラジオを知っているか、と同年代に聞いたときのアンケート結果: 知っている- 24%、知らない-24%、名前だけ聞いたことはある-53%。 安価なラジオが手に入り、Global24のようなクールな内容の局をもっと増やすべきというのが彼の意見。なるほどね。それにしてもアメリカの人は若い時から皆プレゼンテーション上手いよね。

Presen_AnthonyMessina_.jpg

↓ Bill Whitacre氏による中波DXペディションの話。西海岸で聞くNHKのサウンドクリップがとても強力!

 Presen_BillWhiteacre.jpg

↓ サイレントオークション。

Auction2_.jpg

↓ こんな本があるんですね(サイレントオークションにて。SIBCファン注目)

SIBC_Book_.jpg

↓ 昨年同様、日本からJSWC 大武理事がご参加でブース展示。会誌は日本語ですが結構皆持ってゆくのね...。

Booth_Otke_.jpg

Booth_JSWC_.jpg

Booth2_.jpg

↓ 夜にホテルのスイートで行われるホスピタリティールーム。お気に入りのラジオを持ち寄ったり...。

Hospitality1_.jpg

↓ SONYの CRF-330Kというラジオ(新品みたいに綺麗)を持ってきた人がいてびっくり。初めてみました。すごい。カセットレコーダー搭載。

Radio-CRF330K_2_.jpg

Radio_CRF330K_.jpg

↓ 1日目の夜は David Goren氏のホストによるライブ番組「Shortwave Shindig (短波の宴)」。 WRMI-Okeechobee から 7570kHzで生中継されました。サウンドクリップとビデオは先日の記事をご覧ください。

Studio1_.jpg

↓ ディナーで隣だった人。この方は今回、時報局に関係した講演をしたので常に時計を身につけているそうです(笑)。

Time1_.jpg

↓ ディナーの後はお楽しみ抽選会。いつもどおり何もあたらんかった...Orz。

Raffle_.jpg


Shortwave Shindig / Via WRMI (フロリダ州 Okeechobee 送信) [北米]

受信地:   ペンシルベニア州 Plymouth Meeting   周波数: 7570kHz
言語:     英語   受信日: 2015年2月27日 
受信時刻:  受信地の時間で 22:00 (0300 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: ⊿-Loop X

NASWA主催の Winter SWL Festival で現在ペンシルベニア州プリマスミーティングという町に来ています。日本からは私とJSWC大武理事が参加。 今日は会場(ホテル)で特別公開生番組 「Shortwave Shindig」 があって、ホテルの会場→WRMIで中継→同じホテルの部屋で受信というマニアックな録画をしてみましたのでアップします。 番組独自のインターバルシグナル、そしてラジオ界では有名な 「Turn Your Radio On」 のフォークソングで始まります。 因みに Shindig とは宴会の意味。

受信ビデオ:  https://www.youtube.com/watch?v=f7dtQWd83GQ

その時の会場のビデオがこちら: http://youtu.be/Y8Zorc-9qRQ

会場の録音のレベルがちょっと低かったかも。 あと周波数のアナウンスが間違っているみたい。


Risala Radio Voice / エチオピア・オロミア州向け [特定地域向け]

受信地:   ニュージャージー州 Totowa   周波数: 15165kHz
言語:     オロモ語(多分)   受信日: 2015年2月20日 
受信時刻:  受信地の時間で 13:31 (1831 UTC)  
受信機:    PL-660    アンテナ: MFJ-1899T

DXLDのメールリストで本日から放送開始という情報が流れてきたので、ちょっくら聞いてみました。その情報だと局名は Risala International でしたが、これは団体名のようです。開始時のIDは「クン・サガリー・ラディオ・リサラー・ティ」と言ってました。これは多分オロモ語ですね。サガリーは確かオロモ語で「声」なので、表題の局名は勝手に Risala Radio Voice としてしまいました。下の録音はノイジーであまり信号は強くないのですが、開始後しばらくしてからのIDの部分(聞き取り辛い)と、その後ノイズが消えて電波が安定したときの受信音です。オロモ語の局名「サガリー・ラディオ・リサラー」が聞き取れます。 例によってRisalaとは、何のことかわかりませんが、アラビア語に同じ音の言葉があってそれは「メッセージ」という意味なのだそうです。ウェブサイトはこちらですが、言葉がわかりませーん。 送信所は不明。

1331UTC頃 (ノイズがちょっと酷い)

  

1441UTC頃(安定)


前の10件 | -