So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

HCJB 尾崎さんのスタジオ訪問! [番外編]

今年の3月に米国で開催されたSWL-Fest。 そこで JSWC の大武理事とお会いしたことがきっかけとなり、今回 HCJB の電波宣教師である尾崎一夫先生 (以下失礼して尾崎さんと呼ばせて頂きます) のアリゾナのご自宅兼スタジオを訪問する機会に恵まれました。 仕事で寄ったアリゾナ州フェニックスからレンタカーで2時間走ると尾崎さん宅のあるTucson (片仮名ではツーソンまたはツーサンと表記)という町に着きます。道中の景色がすばらしく、さすがアリゾナ!


SuperC.jpg

(↑ スーパーマーケットの駐車場に迫る山々!)

尾崎さんは現在娘さんご夫婦と3人のお孫さん、そして人懐っこい2匹のワンちゃんと一緒に生活されており、とてもにぎやかなご家族です。 書斎には日本のリスナーからの寄せ書きが大切に飾られておりました。

ShosaiB.jpg

こちらで尾崎さんは番組の編集を行うほか、週末はクヌヌラ送信所からの日本語放送が終わった直後にリスナーから送られてくるEメールをチェックされており、その日の番組の感想や受信状態はどうだったかなど (ときどき送信トラブルもあるようで) 、皆様のコメントに対しとても感謝されておりました。

当時初めて頂いたべリカードやニュースレター「La Voz」などを今回持参していたので、それを眺めながらの短波放送談義...。 べりカードの受信日の記録は1974年なので何と40年前! 因みに今年(2014年)はHCJB日本語放送50周年ですね。 私は新潟出身でして、1977年に新潟市で行われたBCLイベントで講演されたときのお話を伺ったり、その後スタジオでインタビュー(緊張しまくり)、さらにHCJBがReach Beyondになった経緯、そしてもちろんキリスト教についてなど、話はつきません。

LaVoz2.jpg

QSL2.jpg

↑ 40年前のカードをお見せしたところ、このデータ欄のタイプ打ちは奥様の久子様のものだとのこと (そうだったのか~)。 9.715MHzは有名な周波数で、当時山田耕嗣先生が暗証番号に使われていたそうです (これは確か有名な話でしたね)。

私は出張にはよく Perseus とループアンテナをお供させているのですが、実は今回も例外ではありません。ご迷惑とは思いつつも折角なので私の受信スタイルを披露(笑)。 尾崎さんは Perseus の実物をご覧になるのは初めてだとのことで、写真で見たときはもっと大きなものと思われていたそうです。 本当はその場でクヌヌラ送信の HCJB日本向け放送を受信してみたかったのですが残念ながらコンディション不良。 代わりに前に受信した HCJBキトー送信波の録音を聞きながら当時の思い出話を伺うことができました。開始時の民族音楽は昔から全く変わってないそうです。 

実は先回のブログ記事の R. Australia と R. Verdad は尾崎さんのお宅にお邪魔しての受信でした。アンテナは影山さん設計の⊿LOOP9 を携帯仕様にしたものです。 室内だったのですがノイズレベルはとても低かったです。 やはりアリゾナは違う(?)。

WithAntPerseus2B.jpg

11月でも夏の様な気温..でも乾燥しているので心地よい感じ。 寒いニュージャージーには戻りたくないのですが、そろっと飛行機の時間が近づきましてツーソンを後にしました。 尾崎先生、このような他愛もない壱リスナーの突然の訪問を快く受けいれてくださいまして本当にありがとうございました!

WithOzakisanB.jpg

(↑ お孫さんのエミちゃんと)


Radio Verdad (2) / グアテマラ共和国 [中南米]

受信地:   アリゾナ州 Tucson 周波数: 4055kHz
言語:     日本語   受信日: 2014年11月8日 
受信時刻:  受信地の時間で 03:35 (1135 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus  アンテナ: ⊿LOOP9

アリゾナで聞く「真実のラジオ」です。たまたま日本語の番組をやっていました。 同じ時間に日本でも聞こえていたようです。(下のビデオをクリック)

ビデオ (Perseus)

さて、ここもアリゾナの雄大な写真を貼っておきますが、次回の記事もアリゾナです。アリゾナといえば....

Arizona2.JPG


Radio Australia / オーストラリア [オセアニア]

受信地:   アリゾナ州 Tucson 周波数: 9580kHz
言語:     英語   受信日: 2014年11月8日 
受信時刻:  受信地の時間で 03:30 (1130 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus  アンテナ: ⊿LOOP9

先週は出張で西海岸に行きましたが、その後に寄ったアリゾナ州ツーソン(ツーサン)での受信です。 日本では珍しくない局ですが、北米ではこの9580kHzが特に朝方よく聞こえています。さすがに西側だけあって東海岸よりも数倍強力かつクリアーに聴けました。考えてみたらサイト発の「オセアニア」地区の局です。ちょうどSaturday Night Country という番組をやってました。局名をABCとアナウンスしているので国内向けをそのまま流しているのでしょうか。たまにはペルセウス画面にて。(下のビデオをクリック)

ビデオ (Perseus)

それにしても久しぶりにアリゾナを運転しましたが景色のいいこと!Arizona1.JPG


Radio Reloj / キューバ [中南米]

受信地:   Isla Verde (プエルトリコ)   周波数: 960kHz
言語:     スペイン語   受信日: 2014年10月27日 
受信時刻:  受信地の時間で 20:59 (0059 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: ⊿LOOP9

プエルトリコ受信の第2段は Radio Reloj。Relojはスペイン語で「時計」ですが、時報とトークが平行して放送されているのですね。局名は昔雑誌でよく見たのですが確かコスタリカの局だったような。今回のこの局はキューバのハバナ送信とアナウンスされています。 Relojの実際の発音は録音をお聞きくださいませ。 


Radio Bahamas / バハマ [中南米]

受信地:   Isla Verde (プエルトリコ)   周波数: 1540kHz
言語:     英語   受信日: 2014年10月27日 
受信時刻:  受信地の時間で 20:59 (0059 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: ⊿LOOP9

久しぶりにカリブ海の島プエルトリコ(米領)に出張しての受信です。なぜか短波が不発で仕方なく中波を聞いてみていますが、ラジオ・バハマが良好に聞こえたのでアップしました。南国らしいSJ。アナウンスを聞くと中波の他に104.5MHz FMでもやっているようですね。"The National Voice of Bahamas" ともアナウンスしてますが別名でしょうか。

PuertoRico.JPG


Myanmar Radio / ミャンマー [アジア]

受信地:   ニュージャージー州 Teaneck   周波数: 9730kHz
言語:     ビルマ語   受信日: 2014年9月28日 
受信時刻:  受信地の時間で 11:29 (0729 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T

北米で聞くミャンマー放送です。今回もPerseusのビデオをアップロードしました。日本よりも良好と聞きましたがいかがでしょうか。 ビデオは放送終了時のもので、女性アナのアナウンスの後でキャリアが切れます。

ビデオ:  http://youtu.be/3bqXAKzWrsc


Family Radio via WRMI / 米国フロリダ州送信 [北米]

受信地:   ニュージャージー州 Fort Lee   周波数: 7570kHz
言語:     日本語   受信日: 2014年10月2日 
受信時刻:  受信地の時間で 05:59 (0959 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T

昨日(10月1日)から開始された日本向けの試験放送だそうです。こちらでは大変良好に聞こえてます。この時間の前はBrother Stair (Overcomer Ministries)の番組で、WRMIのIDのあとFamily Radioの開始音楽が流れて聖書朗読の番組となります。 


Voice of the Forum of Eritreans / エリトリア向け [特定地域向け]

受信地:   ニュージャージー州 Teaneck   周波数: 15245kHz
言語:     アラビア語   受信日: 2014年9月27日 
受信時刻:  受信地の時間で 14:00 (1800 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T

東海岸にて昼間の19mBで強力な信号が聞こえてます。1700-1800UTCはTigrinya語の放送のようですが、録音は1800UTCからのアラビア語放送の開始の部分です。始まりの局名アナウンスは「Huna Sawt Al-Muntadah」(ホナ ソウト アル ムンタダと聞こえます)。 Sawt Al-Muntadahは英語のVoice of Forumの意味。記事タイトルの局名はWRTH収載の英語名です。National Dialogue for Eritreans (Medrek)という団体の運営だそうで、巷の情報によるとフランス送信とのこと。


KLDE - Oldies Radio / 米国テキサス州 Eldorado [北米]

受信地:   ニュージャージー州 Totowa   周波数: 25910kHz 電波形式: FM
言語:     英語   受信日: 2014年9月23日 
受信時刻:  受信地の時間で 18:25 (2225 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: MFJ-1899T

もともとテキサスの田舎にある104.9MHz のFM局なのですが、なぜか短波帯のこの周波数に出没...。おそらくフィード用の電波がスポラディックE層により東海岸に届いてたのではないかと思われます。同時間の米国のリモペルをチェックしたところカナダの方がさらに強く聞こえていました。 今回は音声ファイルではなくてPerseusの動画ファイルをアップします。 IDは「Broadcasting from the Top of the Edwards Plateau, KLDE Eldorado, Sonora」と出ています。その後にかかる歌がこれまた懐かしい.....。 

 ビデオ(Perseus)


ERT Open / ギリシャ [ヨーロッパ]

受信地:   ニュージャージー州 Fort Lee   周波数: 9420kHz
言語:     ギリシャ語   受信日: 2014年9月1日 
受信時刻:  受信地の時間で 20:00 (2400 UTC)  
受信機:    Microtelecom Perseus    アンテナ: ⊿-Loop X

確か前にギリシャの公共放送解体と聞いたような気がしますが、相変わらず短波でガツンと強力な信号を送り込んでいます。いつの間にか局名がERT Open になってるんですね。録音はIS前後の部分ですが、旧来からのISとID (エリニキ・ラディオフォニア) がでています。ただその後にいくつかJingleが出るのですが、男性アナで「ERT Open, deftero programa(=第二放送) 」と言っているのがわかるので国内第二放送を流しているのでしょうか。 ERT Openは、直読みで「エルトープン」と発音されています。


前の10件 | -