So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

11月のアリゾナ [番外編]

遅れましたが新年おめでおうございます。


HCJBを聴かれてこちらに跳んでこられた皆様。

仕事の関係でこのところラジオを聴く暇がなく、受信ネタがなくすみません。 m_ _m

そのかわり11月に訪れたアリゾナの写真をどうぞ。 やはり山々がすごいです。


Tuscon1.jpg

Tuscon2.jpg

Tuscon3.jpg

Saboten.jpg




HCJB 尾崎先生のスタジオにて。

WithOzaki2.jpg




こちらはQSLカードの撮影風景(注:アリゾナではなくてニュージャージーの自宅です)。

QSL.jpg




尾崎先生はクリスチャン向けに Ozaki Orator という英語のニュースレターを発行されています。 そこに掲載されていたご一家のお写真。 娘さんのジョイスさん、デイブさんご夫妻とお孫さんのサム君とエミちゃん。

IMG_E8632.JPG


QSLカードやプログラムノートのデザインはジョイスさんがされているそうです。
尾崎先生、今回も大変お世話になりました。
(ちなみに前回2014年の訪問記はこちら
なお尾崎先生にご了解いただき昨年12月の特別番組の音源をもとに、「BCLの日」を海外に紹介するための英語ブログの記事を書いています。→こちら


********************

皆様本年もよろしくお願いいたします。

AB5MF

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ローカル Ham Fest で久しぶりにARRLのVEをやってみた [番外編]

正直最近は聴く局もなくなってしまい番外編ばかりです。

ブログのタイトル変えよっかな~


VE_Certificate.jpg


せっかくARRLのVE (Volunteer Examiner = ボランティア試験官~意訳~)の資格を再取得したのでローカルのHamFest で FCC 試験セッションのお手伝いをしてきました。


久しぶりのVE、といっても23年ぶりです。米国ではアマチュア無線の国家試験が政府の経費節減政策のためかなり昔から民間ボランティア委託となっています。地域クラブ主体で定期的に試験が開催されていますが、このようなイベントで同時開催されることも多いです。

今回の受験者は10名ぐらい。今は昔と違ってモールス通信の試験は無いんですね。23年前は電気通信術(当時は既に受信のみ)の採点係だったので楽でしたが、今回は通常の試験の採点係です。正解の数を数える単純作業に意外と手こずりました。もう歳か。

米国でアマチュア無線の資格を得るには受験料15ドルのみで他費用は一切なし。合格すれば1~2週間ぐらいでコールサインがもらえて即運用できます。開局申請やギテキ・ホショウニンテイなんたらかたらは全く必要ありません。変更申請?何それ?(笑)

テクニシャン、ジェネラル、エクストラの3つの級があり、すぐ合否判定してもらえます。テクニシャンに合格してまだ時間があればその場でさらに上級を(追加料金なしで)受験できます。 どこかの国と違って合理的。

VEC1.jpgVEC2.jpg

 

さて、以下は今回開催のHam Festのスナップです。

Long Island Mobile Amateur Radio Club Ham Fest  (10月26日、ニューヨーク州ヒックスビル)

LIMARC1.JPG

LIMARC1A.JPG

 

そういえば今週はハロウィーン。

LIMARC1B.JPG



LIMARC2.JPG

LIMARC3.JPG



懐かしいICOMのハンディ機はよく見かけます。


LIMARC4.JPG


LIMARC5.JPG


LIMARC7.JPG



おやこんなものまで


LIMARC8.JPG



今は閉店しまったRadioShackからこんなリグがでていたのですね。


LIMARC9.JPG


今宵も FB DX !




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Antique Radio Show! [番外編]


Banner.JPG


New Jersey Antique Radio Club というクラブがあることを最近まで知りませんでした。

10月28日(土)にそのクラブ主催のイベント 「Antique Radio Show」 がニュージャージー州Parsippany で開催されました。


Cloud3.JPG

Cloud.JPG

Cloud2.JPG


実は私はこういった機械には疎いのですがまあ見ているだけで楽しいですね。


Tenji4.JPG

Tenji5.JPG

Tenji6.JPG

Tenji2.JPGRadio.JPG

Tenji.JPG


Tenji7.JPG

Tenji8.JPG



↓これは上にあるのはループアンテナでしょうか。


Radio(Loop).JPG



このような所にはさすがに日本のBCLラジオはないだろな~と思ってたら突然目に入ってきたのがこれ。↓


Toshiba.JPG


東芝製です。でも見たことがない。バンドを見るとなんとCBバンドが独立して聞けるようです。あとPSBって何だ?と思っていたら Public Service Band の略だそうです。


Toshiba2.JPG


PSBは150MHzあたりをカバーしてます。


Toshiba3.JPG


多分米国マーケット専用なのでしょうね。日本のBCLラジオのような愛称はないみたいで背面を見たら RP-1660MC という型番です。 Made in Korea なんだ...。 電源繋いだらボリュームのガタはあるもののちゃんと作動するようです。


Toshiba4.JPG



大きなラジオが多いですが、小さなラジオもありました。↓ これって昔マンガ雑誌の通信販売の広告にありませんでしたっけ。 懐かしいですね。


Mini.JPG



電池換えたらイヤホンがガンガン鳴ります。前にどこかの土産屋で買った世界最小(自称)のトランシーバーと並べて記念撮影してみました。 


Tranc.JPG


今日も FB DX!



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

YHWH (宗教パイレート) [北米]

受信地:カナダ、アルバータ州エドモントン近郊
(Via Remote Perseus Server: Thanks to VE6JY)
周波数: 7470kHz
言語: 英語
受信日: 2017年10月9日
受信時刻:0300 UTC
受信機: Microtelecom Perseus


時々話題になっている宗教系パイレートですが、コールサイン(?)にしているYHWHとは聖書にでてくるヤハウェの神を意味する表記ですね。 このところ毎日放送しているようですがこちら東海岸では受信できず、カナダの西側のペルセウスサーバーで強く聞こえています。 東部時間22時少し前からIDもなく宗教トークが突然始まり、23時ごろにちょっと不気味な歌が流れて局名アナウンスが出ます(録画参照)。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハムフェア 2017! [番外編]

2017年9月2-3日  東京ビッグサイト。

久しぶりに一時帰国。昨年に続きハムフェアに2日間参加です。

Board.jpg


日本短波クラブのブース飾りつけのため早くから入場しました。只今ブース準備中。

Booth Preparation.jpg


10時一般開場!

Kaijou1.jpg


すごい人出。

Booth4.jpg


Booth3.jpg


Booth2.jpg



JSWC日本短波クラブ)も賑やか。 午後は別室で講演会。(講演をさせて頂きました。)

Booth8.jpg


こちらは「BCLは趣味の王様」ブース。

Booth7.jpg


そのブースではBCLの情報誌を販売。ABC = Akihabara BCL Club。私も記事を書かせていただいてます。

booth9h.jpg




Booth9a.jpg


2 m - 70 cm - 1.2 GHzのトライバンダーらしい。

Booth9b.jpg


Booth9c.jpg


夥しいループの数

Booth9d.jpg



booth9e.jpg


D-STAR ブース

booth9f.jpg


こちらも D-STAR!

booth5.jpg


JARDブースは e-ラーニングの紹介。 最近スマホ対応になったそうで、パソコンがなくても場所を問わず勉強可能ということですね。たまたまスマホを向けてたら丁度この話題になり私のスマホに手を振ってくれました(笑)。

booth9g.jpg



夜の懇親会では前に交信した方からなんとコールサイン入りの帽子をお土産に頂き感激。

Booth9.jpg



芸能人ハムの皆さんと。

いつも素敵な笑顔をありがとうございます。


●シャンソン歌手の青木小夜子さん (JJ3WWS)。 FMバラエティで有名な方ですが、私にとっては中学生の時に日本短波放送「僕らのアマチュア無線局」を愛聴してたので今回お話できて感激です。ワンダフル・ウィットフル・サヨコさん。

JJ1WWS.gif


●シンガーソングライターの Masaco さん(JH1CBX)。「むこう岸」 は運転中の車の中で何回も聴いてしまいます。うるうる。

JH1CBX.jpg



●舞台を中心にご活躍の 松田百香 さん(JI1NYO)。2015年にNYから交信させていただいたQSLカードが、つい先日米国ビューローから届きました。2年越し!

IMG_7813.gif



●日本が誇る演歌歌手オペレーターの 水田かおり さん(JI1BTL)。 NYで毎週 CQ HAM FOR GIRLS を聴かせていただいてます。MITO市万歳!

IMG_7806b.gif

●テーマソングシンガーの 渡部まいこ さん(JJØSDQ)。 相方のわたまいちゃんにはなんとこの度 JJ1FUL のコールが発給! 総務省もゆるキャラさんに免許を下さるみたいで太っ腹(笑)。
JJ0SDQ.jpg

nice!(0)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Radio Malabo / 赤道ギニア共和国 [アフリカ]

受信地: ニュージャージー州 Teaneck
周波数: 6250 kHz
言語: スペイン語 他?   
受信日: 2017年7月27日
受信時刻: 受信地の時間で 18:51 (2251 UTC)
受信機: Microtelecom Perseus
アンテナ: MFJ-1899T ホイップ


Radio Malabo 復活!のニュースが DXLD で流れ、早速聞いてみましたがこちら東海岸で日没前の時間結構よく聞こえまています。ノイズキャンセラーはあってもさすがに自宅では厳しかったので久しぶりに公園チョイペです。 信号は強いもののアフリカ音楽や洋楽をノンストップでかけていたりしてなかなかクリアーな ID に遭遇できません。 以下の録画の冒頭のジングルは明らかに赤道ギニア国歌なのですが、その後 00'30" にラジオマラボと言っている気がするのですがちょっとはっきりしません。


正直最近はあまり聞く局がなく 11580kHz を自宅で聞き流すことが多かったのですが、久しぶりに SWL らしい SWL をしました。 5995kHz の マリ も変調が向上(送信機を修理した?)されているというニュースも流れてきて確かに音になっているようです。 嬉しいですね。





公園チョイペはこんな感じです。アンテナはシンプルですが同調型ホイップ。


Choipe2.JPGChoipe1.JPG



DX Engineering 社 NCC-2 によるノイズ除去 [番外編]

前々から気になっていたのですが、ついにポチってしまいました。


MFJ-1026よりも性能がよいといううわさです(過去に試したMFJ-1026の記事はこちら)。

値段も結構高いけどなにぶんデカいし重い(4kg近い)! まあ昭和の無線機を長く愛用した私にとっては許容範囲としましょう。


NCC2C.jpg



さて、室内ループ(BCL-LOOP)を二つセットして試運転。


TwinLoop.jpg


結果は...いけるんじゃないでしょうか。


東部時間のお昼前ぐらい:17815kHz (局名未確認)



RAE / アルゼンチン (フロリダ送信) [北米]

受信地: ニュージャージー州 Fort Lee
受信日時: 2017年6月26日 現地時間18:32  (2232UTC)
周波数: 11580 kHz 
受信機: BST-1 車載型短波ラジオ
アンテナ: ホイップ (2 ft)


かつての「まぼろしの放送局」もこんな感じで気軽にリスニング(笑)。
あ、でも日本語放送はまだこちらでは時間的・地域的に厳しいかな。
ストリーミングでも聴けますがやっぱり短波じゃないとねえ...


ローカル HamFest [番外編]

先日近所で行われた HamFest のスナップをアップしました。


今回は屋外イベントで実質的には日本で言うジャンク市ですね。

こちらでは フリーマーケットと呼んでます。フリーとは無料のFreeではなくて蚤(Flea)のことです。 = 蚤の市。


bandicam 2017-06-11 04-20-01-036.jpg


5.jpeg


25.jpeg

22.jpeg1.jpeg4.jpeg

10.jpeg

13.jpeg

12.jpeg

15.jpeg

16.jpeg


17.jpeg

14.jpeg

16.jpeg


26.jpeg


24.jpeg

7.jpeg

3.jpeg

11.jpeg

19.jpeg

21.jpeg





ミリタリーグッズまであるよ...。


mili.jpeg



非常通信対応用のキャンピンカーを展示。かっこいい。


car2.jpeg

car5.jpeg

car3.jpeg

car13.jpeg

car6.jpeg

car10.jpeg



(ビデオクリップ)




オランダ・ドイツで受信した中波局 [ヨーロッパ]

受信地: オランダ Amsterdam および ドイツ Frankfurt 近郊
受信日: 2017年5月4-16日 
受信機: Microtelecom Perseus
アンテナ: BCL-LOOP 12 (ホテル室内)

先月ヨーロッパに出張した時に夜間受信した中波局をメドレー形式でまとめてみました。





携帯用ループもちょっと改良(マストに自撮り棒使用)。


NewLoop.jpg



前の10件 | -